2007年02月20日

女性セミナー

日時:平成19年2月19日(月)
   午後1時30分〜3時
会場:松本市文化会館
通訳者:4名


長野県議会議員の牛山よしこ氏による
3期間の議員活動の報告と
参議院の浜四津敏子氏による講演がありました。
会場は1800人の女性が集まり、
次期県議選へ向け
熱気のあるセミナーとなりました。

講演後、利用者のお一人から、
通訳に関する要望をいただきました。

『講演が熱気を帯びて、
 話の流れが横道にそれたり、
 飛んだりするとき、
 文章が完結しないので
 内容をつかみにくい。
 要約したほうが分かりやすい文章に
 なると思います。』

という意味のご指摘でした。

多数の方へのスクリーン表示では、
個々の利用者の要望、ひとつひとつに対応できにくい
ということはありますが、
確かに、考えさせられるご意見です。

聞こえてくるまま、話し言葉どおりを入力した時、
スクリーンを読んでいる人はどうでしょうか?
聞こえてきた通りに表示されていても、スピードは速くても、
「伝える」という点でどうでしょうか?


私は最近、通訳に出たとき、
入力のフォローをしてもらえると思い、
聞こえたままを、聞こえただけ、
入力できるだけを打っています。
話の筋を捉えないまま入力していることが多いのです。


“一つの文章を完結するため”の要約は
必要だと思います。
そのために、どのようなことに
注意したらいいのでしょうか?
課題として、みんなで考えて行けたらと思います。

利用者の貴重なご意見を聞くことができて、
通訳について、改めて考えさせられました。

ありがとうございました。
 
 


posted by sama2 at 17:18| Comment(1) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
この会合に参加して、皆様の活動のすばらしさを実感しました。
諏訪の聴覚障害の方よりご希望をいただき、要約筆記が実現しましたが、その方も本当に喜んで御礼のメールが届きました。
お話にもありましたように、予定より時間も超過し、話もそれてしまうようなとき、本当にご苦労な仕事だと思います。
でも、本当に利用者の皆さんが待っていますし、喜ばれるお仕事です。どうかがんばってください。
これからのご活躍を心よりお祈り申し上げます。
Posted by ぽこ at 2007年03月23日 00:24
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス: [必須入力]

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/34211085

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。